陸上競技の世界記録に近い日本記録ランキング

Embed from Getty Images

世界歴代1位 男子20KmW(1時間16分36秒)鈴木 雄介(2015年)

世界歴代4位 男子ハンマー投(84m86)室伏 広治(2003年)

世界歴代4位 男子4x100mR(37秒43)日本代表(2019年)

世界歴代11位 男子50KmW(3時間36分45秒)川野 将虎(2019年)

世界歴代22位 女子マラソン(2時間19分12秒)野口 みずき(2005年)

世界歴代27位 女子10000m(30分20秒44)新谷 仁美(2020年)

世界歴代34位 女子50KmW(4時間19分56秒)渕瀬 真寿美(2019年)

世界歴代34位 男子110mH(13秒06)泉谷 駿介(2021年)

世界歴代35位 女子やり投(66m00)北口 榛花(2019年)

世界歴代39位 男子走高跳(2m35※室内) 戸邉 直人(2019年)

世界歴代41位 男子400mH(47秒89)為末 大(2001年)

世界歴代48位 男子やり投(87m60)溝口 和洋(1989年)

世界歴代61位 男子走幅跳(8m40)城山 正太郎(2019年)

世界歴代62位 男子4x400mR(3分00秒76)日本代表(1996年)/ 日本代表(2021年)

世界歴代67位 女子20KmW(1時間27分41秒)岡田 久美子(2019年)

世界歴代68位 男子マラソン(2時間04分56秒)鈴木 健吾(2021年)

世界歴代78位 男子棒高跳(5m83)澤野 大地(2005年)

世界歴代84位 男子100m(9秒95)山縣 亮太(2021年)

世界歴代84位 女子1500m(3分59秒19)田中 希実(2021年)

世界歴代86位 男子3000mSC(8分09秒92)三浦 龍司(2021年)

世界歴代95位 男子200m(20秒03)末續 慎吾(2003年)

世界歴代113位 男子十種競技(8308点)右代 啓祐(2014年)

世界歴代133位 女子走高跳(1m96)今井 美希(2001年)

世界歴代157位 男子10000m(27分18秒75)相澤 晃(2020年)

世界歴代158位 女子5000m(14分52秒84)廣中 璃梨佳(2021年)

世界歴代160位 女子走幅跳(6m86)池田 久美子(2006年)

世界歴代186位 女子3000mSC(9分33秒93)早狩 実紀(2008年)

世界歴代200位 男子400m(44秒78)高野 進(1991年)

世界歴代234位 男子三段跳(17m15)山下 訓史(1986年)

世界歴代237位 女子棒高跳(4m40)我孫子 智美(2012年)

世界歴代238位 女子ハンマー投(67m77)室伏 由佳(2004年)

世界歴代243位 女子400mH(55秒34)久保倉 里美(2011年)

世界歴代244位 男子5000m(13分08秒40)大迫 傑(2015年)

世界歴代283位 女子砲丸投(18m22)森 千夏(2004年)

世界歴代294位 女子三段跳(14m04)花岡 麻帆(1999年)

世界歴代303位 女子100mH(12秒87)寺田 明日香(2021年)/ 青木 益未(2021年)

世界歴代445位 男子1500m(3分35秒42)河村 一輝(2021年)

世界歴代472位 女子100m(11秒21)福島 千里(2010年)

世界歴代522位 男子円盤投(62m59)堤 雄司(2020年)

世界歴代568位 女子200m(22秒88)福島 千里(2016年)

世界歴代593位 女子800m(2分00秒45)杉森 美保(2005年)

世界歴代606位 男子800m(1分45秒75)川元 奨(2014年)/ 源 裕貴(2021年)

世界歴代685位 女子400m(51秒75)丹野 麻美(2008年)

世界歴代1,342位 男子砲丸投(18m85)中村 太地(2018年)

〈 順位不明 〉

70位圏外 女子4x400mR(3分28秒91)日本代表(2015年)

92位圏外 女子4x100mR(43秒39)日本代表(2011年)

199位圏外 女子七種競技(5975点)山﨑 有紀(2021年)

345位圏外 女子円盤投(59m03)郡 菜々佳(2019年)

※ 世界大会で実施されている種目のみ国際陸上競技連盟HPのデータベースを元に作成(2021年11月21日現在)

※ 男子走高跳は室内記録の為、室内記録の世界歴代順位で記載

👇この記事を気に入ってくれた方はクリックお願いします!

オリンピック陸上競技の歴代金メダリストを種目別にまとめました。東京オリンピック前にチェックしておくことをお勧めします。
世界陸上競技選手権大会の歴代金メダリストを種目別にまとめました。2022年オレゴン大会の前にチェックしておくことをお勧めします。
陸上競技の世界記録&アジア記録&日本記録&日本学生記録&日本高校記録&日本中学記録を古い順に並べてみました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする