【動画付】陸上競技100m&60mの歴代世界記録まとめ

Embed from Getty Images

陸上競技の100mと60m(室内)の歴代世界記録を動画と共に紹介します。神に選ばれし者達の走りを存分にご堪能下さい!

▶ をクリックすると実際の動画が観られます。

男子100m

1964年 10秒06(+1.1)ボブ・ヘイズ(アメリカ)

1968年 10秒03(+0.9)ジム・ハインズ(アメリカ)

1968年 10秒02(+2.0)チャールズ・エドワード・グリーン(アメリカ)

1968年  9秒95(+0.3)ジム・ハインズ(アメリカ)

1983年  9秒93(+1.4)カルヴィン・スミス(アメリカ)

1988年  9秒92(+1.1)カール・ルイス(アメリカ)

1991年  9秒90(+1.9)リロイ・バレル(アメリカ)

1991年  9秒86(+1.2)カール・ルイス(アメリカ)

1994年  9秒85(+1.2)リロイ・バレル(アメリカ)

1996年  9秒84(+0.7)ドノバン・ベイリー(カナダ)

1999年  9秒79(+0.1)モーリス・グリーン(アメリカ)

2005年  9秒77(+1.6)アサファ・パウエル(ジャマイカ)

2007年  9秒74(+1.7)アサファ・パウエル(ジャマイカ)

2008年  9秒72(+1.7)ウサイン・ボルト(ジャマイカ)

2008年  9秒69(0.0) ウサイン・ボルト(ジャマイカ)

2009年  9秒58(+0.9)ウサイン・ボルト(ジャマイカ)

室内男子60m 

1973年 6秒64 Zenon NOWOSZ(ポーランド)

1974年 6秒58 ワレリー・ボルゾフ(旧ソ連)

1977年 6秒57 ドン・クォーリー(ジャマイカ)

1978年 6秒54 ヒューストン・マクター(アメリカ)

1986年 6秒50 ベン・ジョンソン(カナダ)(1:40~)

1991年 6秒48 リロイ・バレル(アメリカ)

1992年 6秒45 アンドレ・ケーソン(アメリカ)

1992年 6秒41 アンドレ・ケーソン(アメリカ)

1998年 6秒39 モーリス・グリーン(アメリカ)

2018年 6秒37 クリスチャン・コールマン(アメリカ)

2018年 6秒34 クリスチャン・コールマン(アメリカ)




女子100m

1968年 11秒12(+0.6)バーバラ・フェレル(アメリカ)

1968年 11秒08(+1.2)ワイオミア・タイアス(アメリカ)

1972年 11秒07(-0.2)レナーテ・シュテヒャー(旧東ドイツ)

1976年 11秒04(+0.6)インゲ・ヘルテン(旧西ドイツ)

1976年 11秒01(+0.6)アンネグレート・リヒター(旧西ドイツ)

1977年 10秒88(+2.0)マルリース・ゲール(旧東ドイツ)

1983年 10秒81(+1.7)マルリース・ゲール(旧東ドイツ)

1983年 10秒79(+0.6)エベリン・アシュフォード(アメリカ)

1984年 10秒76(+1.7)エベリン・アシュフォード(アメリカ)

1988年 10秒49(0.0) フローレンス・ジョイナー(アメリカ)

室内女子60m

1974年 7秒22 モナリザ・プルシャイネン(フィンランド)

1974年 7秒16 レナーテ・シュテヒャー(旧東ドイツ)

1978年 7秒12 マルリース・ゲール(旧東ドイツ)

1980年 7秒10 マルリース・ゲール(旧東ドイツ)

1983年 7秒08 マリタ・コッホ(旧東ドイツ)

1985年 7秒04 マリタ・コッホ(旧東ドイツ)

1986年 7秒00 ネリ・クーマン(オランダ)

1992年 6秒96 マリーン・オッティ(ジャマイカ)

1993年 6秒92 イリーナ・プリワロワ(ロシア)

👇この記事を気に入ってくれた方はクリックお願いします!

人類史上、最も足が速かった男達111人のリストを動画付でまとめました。
陸上競技100mの世界記録・アジア記録・日本記録・学生記録・高校記録・中学記録・U18&U20記録が一目でわかります。
人類史上最も足が速かった男、ウサイン・ボルト氏のデビューから引退までの全公式記録をまとめました。
オリンピック陸上競技の歴代金メダリストを種目別にまとめました。東京オリンピック前にチェックしておくことをお勧めします。
世界陸上競技選手権大会の歴代金メダリストを種目別にまとめました。2022年オレゴン大会の前にチェックしておくことをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする