ひとまず、この世に生まれた目的を思い出そう


唐突ですが私、
この世に生まれてきた目的が解りました。

前から薄々勘づいてはいましたが、
斎藤一人さんの教えを色々聴くうちに、
確信しました。
決して信じなくていいので、
少しばかりお付き合い下さい。

この世の全ての人は、
「愛と光の人」になることを最終目標とする、
魂の修行の為に生まれてきます。

愛と光の究極な存在が神様であり、
愛は「優しさ」、光は「明るさ」を意味します。

つまり私達は、様々な経験を通して、
「優しくて明るい人」
を目指して修行をしている訳です。

そんな簡単なこと?って思いました?
しかし、一つワードを加えると、
急にハードルが上がります。

「どんな時も優しくて明るい人」

これは難しいですよ。

医者からガン宣告を受けた直後に、
病院の待合室で、
他人の子供に愛想振りまくくらい、
難易度は高いです。

いきなりは無理なので、
人は何回も生まれ変わりながら、
少しずつ魂のステージを上げていきます。

何回も生まれ変わるのは、
物質世界では肉体も消耗品ということと、

より多くの条件下で生まれた方が、
魂は多くの経験を積める、
という理由もあるでしょう。

この世で経験した事は大元の魂の糧となり、
次に生まれた時には、
その人のバックグラウンドにもなります。

前世の記憶は、
この世に生まれる際にリセットされるので、
頭では覚えてませんが魂は覚えています。
それが持って生まれた個性や、
才能という形で表れるのです。

ちなみに、天才と言われるような人達は、
何世代も努力し続けた結果の実力なので、
今世だけで勝負しようとしても勝てませんよ。
スタート時点で既に大差ついてますから。

でも見方変えれば、
何世代も努力すれば誰でも天才になれる、
ということですね。

人は誰でも自分の魂が成長するのに丁度良い、
親や、国、時代を選んで生まれて来ます。
これらを宿命と呼びます。

同時に過去世からの因果も絡めて、
自分に課すカリキュラムを組みます。
これを運命と呼びます。

宿命は変えられませんが、
運命は変えられます。

良い事を行えば、運命は良い方向へ傾き、
悪い事を行えば、悪い方向へと傾きます。

両方同じくらいならプラマイ0で、
最初に決めたとうりの運命で、
人生は進行しますが、
良い事の割合が増えてくると、
決めてきた運命以上の結果が出ます。

ここで言う良い事とは愛と光すなわち、
優しさと明るさに通じる行動の事で、
逆に悪い事とは恐れと闇すなわち、
不安と暗さに通じる行動の事です。

ちなみに一人さんは、
「愛と光」を神の領域、
「恐れと闇」を悪魔の領域と呼んでいます。

誰でも心に、この二つの領域がありますが、
神の領域をどれだけ増やせるかが、
幸せになれるかどうかのカギを握ります。

人生に於いては因果の成就つまり、
「悪い種を蒔いてできた悪い結果を刈り取る」
ことで魂は成長しますが、大抵それは嫌な事です。

それで気持ちを暗くして悪魔の領域を増やすと、
また悪い種を蒔いちゃうからキリがない。

反対に、これは自分に必要な事だと受け入れ、
気持ちを明るく持てば、神の領域が増えて、
良い種が蒔ける。

だから、一人さんが、
「人は幸せになる義務がある」
と言うのは理にかなってるんです。

幸せだと気持ちが明るくなるし、
自分にも人にも優しくなれますよね。
逆に不幸だと、気持ちは暗くなるし、
自分も他人もイジメたくなるものです。

そして、幸せと不幸は瞬く間に伝染します。

自分の気持ちが明るい時に、
周りがいつもより和やかになることは、
誰でも経験しているはずです。
逆もしかりです。

なので、自分の心をオセロみたいに、
一個一個幸せの面にひっくり返してゆく。
それは最高のボランティアであり、
大袈裟でなく、世界平和へ繋がる一歩です。

私は、好きな人も嫌いな人も、
今まで出逢った人達とは、
なぜ縁があったのか、

嬉しかった事や辛かった事を含め、
過去の出来事はなぜ起こったのかを
最近よく考えるようになりました。

そうすると、
散在してた点と点が結ばれて、
自分が辿るべき運命の道筋が見えてきたり、
過去の節目で何かしら、
目に見えない力が及んでいたことに、
気付いたりもします。

実際、「こんな偶然あり得ないよな・・」
なんてことが幾度かありました。

人は誰でも、
この世で成すべき目的が確かにあって、
それを理解して上手くクリアして行けば、
神様の御加護も受けられて、
上限なく幸せになれると思うのです。

なかなか信じられない話かも知れませんが、
私は少なくとも、
そういう世界であって欲しいと願ってるので、
100%信じています。

歌の世界では、
生きる意味は解らない方が様になりますが、
現実社会では、
解っていた方が絶対お得です。

みなさんも是非、
時間をとって考えてみることをお薦めします。

今回も最後まで読んで頂き、
大変ありがとうございました。

👇この記事を気に入ってくれた方はクリックお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする