天才・吉田拓郎の凄さって一体何だ?

私は昨日、帰宅する車の中で吉田拓郎の名盤「明日に向って走れ」を聴きながら感慨に浸っておりました。

いやぁ、やっぱり良いですなぁ・・・

この、吉田拓郎の音楽の魅力は一体何なのか、ふと考えを巡らせてみたんです。

昔、桑田佳祐が「フォーク系の人は沢山いたけど拓郎さんだけは違った」と何かのインタビューで語ってました。

そうなんです、拓郎さんは何か違うんです。

よく、フォーク界の大将みたく見られますが、この人の真骨頂はフォークじゃないんです。

昔、とんねるずが井上陽水とフォーク同好会の先輩後輩という設定でコントをした際、

部室の神棚に吉田拓郎の写真を祀っていましたが、それでも拓郎はフォークではないんです。

「吉田拓郎はフォークシンガーの中でも歌謡曲寄りだったから桑田は一目置いていた」

みたいなことを言った人もいましたが、それも違うと思います。

その答えは桑田佳祐自身が既に出してますが、みなさんは覚えてますか?

TV番組「ザ・ベストテン」で桑田佳祐が弾き語りで、拓郎の名曲「旅の宿」を披露したのを。

それが答えです。

つまり、「旅の宿」はフォークの顔をしてはいるがフォークではない。

では、歌謡曲なのかといったら、それも違う。

もちろん、拓郎は素晴らしい歌謡曲をいくつも世に出してます。

特に「優しい悪魔」、「襟裳岬」、「メランコリー」なんかは絶品です。

しかし、桑田が弾き語った「旅の宿」はじめ、「祭りのあと」や「あゝ青春」、「唇をかみしめて」等は、どれもフォークや歌謡曲ではなく、ましてロックや洋楽でもないのです。

私が言いたいことを解って頂けましたか?

つまり・・・

日本の情緒だとか土着的な風情さえも、限りなくカッコ良く聴かせたという点で、フォークや歌謡曲の範疇を超えている。

と私は言いたいのです。



まずもって、「あゝ青春」のような世界を創れるアーティストは皆無であり、明らかにフォークや歌謡曲とは別物、唯一無二の拓郎メロディ、拓郎サウンドなんです。

もちろん、そのバックグランドには歌謡曲や洋楽の影響があることは間違いないでしょう。

昔、拓郎の知人が「あなたの曲は海外でもウケると思うよ」と言って、アメリカ進出を薦めたそうですが、本人は乗らなかったみたいですね。

そりゃあそうでしょう。ファンの私だって嫌ですよ、英語で歌う吉田拓郎なんて。ただでさえ発音ヤバイのに・・

それは冗談にしても、やはり拓郎メロディ・拓郎サウンドは、詫び錆びを持つ日本語によってのみ、その魅力は発揮されますからね。

ちなみに、冒頭に挙げた「明日に向って走れ」は私が一番好きなアルバムですが、楽曲の前にアレンジが大変素晴らしい。

アレンジャーの名前を見ると、松任谷正隆がクレジットされてました。

さすが、彼の拓郎の世界を見事に引き出した空間処理の技術には参りました。

このアルバムには名曲がズラッと並びますが、拓郎サウンドの凄みを見せつけられる曲は、

「明日に向って走れ」、「水無し川」、「風の街」、「午前0時の街」あたりでしょうね。

参考までに、このアルバム以外の曲では、冒頭で触れた「旅の宿」、「祭りのあと」、「あゝ青春」、「唇をかみしめて」の他に、

「こうき心」、「おきざりにした悲しみは」、「伽草子」、「カンパリソーダとフライドポテト」、「落陽」、「古いメロディー」、「いつも見ていたヒロシマ」、「二十才のワルツ」、「いつか街で会ったなら」、「となりの町のお嬢さん」、「吉田町の唄」、「我が良き友よ」

といった曲が該当します。

みなさんも今一度、聴き返してみて下さい。

最後に余談ですが、小田和正のTV番組「クリスマスの約束2013」で、吉田拓郎がゲストで登場した時は度肝を抜かれましたよね。ご覧になった方も多いかと思います。

全く接点が無さそうな日本音楽界の生きた伝説同士が同じステージに立つなんて、本当に目を疑いました。客席の反応も凄かったですしね。

不謹慎ですけど、吉田拓郎が死んだ時、私達は一つの時代が終わったんだと、つくづく感じるのでしょうね。特に業界の人達は。

それだけ日本の音楽史において一際大きな存在です。

今後も体を大事に活動してもらいたいですね。

今回は以上です。最後まで読んで頂き、大変ありがとうございました。
👇この記事を気に入ってくれた方はクリックお願いします!



天才、吉田拓郎の歌詞がどう凄いのかを私なりに力説します!
世の中に父・母を歌った曲は数あれど、吉田拓郎の「おやじの唄」ほど深い曲は、そうそうないです。
長渕剛の魅力はやっぱり、ひねたチンピラの美学。好きです!
これほど長期に渡り日本歌謡界に君臨する天才・松任谷由実と中島みゆき。一体これは何なんでしょう?私なりの見解を述べます。
サザンオールスターズは日本の夏を何倍も楽しくさせてくれます。私独断のお勧め曲ランキングも紹介。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする