地元民がよく使う面白い沖縄方言(沖縄弁)一覧

今回は、みなさんが沖縄へ行った時に地元の方とグッと距離を縮められる、面白くてスグ使える沖縄方言(沖縄弁)をお教えしたいと思います。

発音まで教えることはできませんが、単語の頭にアクセントを置けば、だいたいオッケーです。それでは早速いきましょう!

地元民がよく使う面白い沖縄方言①

【 にふぇーでーびる 】

「ありがとう」の意味です。良い言葉ですが、若い人で使う人はあまりいないので、本土の方が使うとビックリされると同時に、喜ばれること間違いないです。

地元民がよく使う面白い沖縄方言②

【 はいさい!】もしくは、【 はいたい!】

これは出会い頭の挨拶で時間帯は問いません。

男性が言う場合は「はいさい!」、女性は「はいたい!」となります。

例文としては、「はいさい!具志堅さん。久しぶりだねぇ、元気?」みたいな。

とても明るくて気さくな挨拶なので、満面の笑みで発すれば好感度UPです。

相手の年齢に関係なく使えますが、フランクな挨拶なので、ある程度親しい間柄というのが条件です。

地元民がよく使う面白い沖縄方言③

【 かりー!】

縁起が良いとか、めでたい事という意味ですが、「カンパーイ!」の音頭としてよく使われます。

乾杯の挨拶の後にカマすと、一目置かれること間違いナシです。

地元民がよく使う面白い沖縄方言④

【 しーじゃ 】

年上(先輩)という意味です。主に男性同士で使い、ニュアンス的には「アニキ!」と慕うように使います。

例文としては、「今日はしーじゃのオゴリでいいですよね?ゴチなりまーす!」みたいな。

また、大人げない行動をする先輩に対して、「しーじゃっ!」と、たしなめる使い方もあります。

あと別用途で、「たーがしーじゃか?」というのがありますが、

「誰が先輩と思ってるんだ?」という意味で、調子に乗った後輩を戒める常套句です。

シリアスに使うとパワハラですが、冗談で言えば笑いが取れるテッパン文句です。

地元民がよく使う面白い沖縄方言⑤

【 うんじゅ 】

目上の人に対する丁寧な呼び方ですが、敬意を払いたい人なら誰にでも使えます。

例文としては、「ウンジュは相当苦労して、ここまで会社を大きくされたんですねぇ・・」みたいな。

この方言は特に、年配の方に対して使うと可愛がられます。

地元民がよく使う面白い沖縄方言⑥

【 ちゅらかーぎ 】

美人という意味です。

例文としては、「お姉さんみたいなちゅらかーぎは今まで見たことないよ」みたいな。

若い女性に使うと、聞き慣れないから新鮮かも知れません。

年配の女性に使うと、お世辞っぽく聞こえるかもですが、それでも嬉しい言葉でしょう。

地元民がよく使う面白い沖縄方言⑦

【 とー!】

これは、「よし!」とか「オッケー!」のニュアンスで使います。

「とー」一回でも連続でも使います。

例文としては、「(グラスにお酒を注がれて)とー、とー、とー、OK!」とか、

「とーっ、そろそろ二次会行こうか」という風にも使います。

しかし、この言葉は地味過ぎて、これが方言と解ってない地元民もいます。

なので、本土の方が使っても、気付かれない可能性もありますが、

解ってる地元民が聞けばクスッと笑える言葉です。

地元民がよく使う面白い沖縄方言⑧

【 あぎじぇ!?】

ニュアンス的には、軽く驚きながらも呆れた様に使う感嘆詞です。

例文としては、「あぎじぇ!?俺の注いだ酒が飲めない?」みたいな。

目上の方に使うのはタブーです。

地元民がよく使う面白い沖縄方言⑨

【 やんどー!】

人の意見に強く同意する「そうだ!」という意味です。

相手の熱弁を聞いてる時に、合いの手の言葉として使いましょう。

おまけに、「やん?」という、似たような合いの手の言葉がありますが、

これは「そう?」みたいなニュアンスで使います。

しかし、この言葉は上級レベルなので、シーンを選んで使うことをお勧めします。

地元民がよく使う面白い沖縄方言⑩

【 うりひゃあ~!】

これは英語の「ワオッ!」のような感嘆詞です。

例文としては、「うりひゃあ~!ビンゴきたー!」みたいな。

地元民がよく使う面白い沖縄方言⑪

【 でーじ 】

沖縄県民はこの言葉を非常によく使います。

「とても、非常に、大変」という意味で、英語の「Very」とも同じです。

例文としては、「え~、でーじ疲れるぅ」とか、

「国盛さんのお店は、人手不足ででーじなってるみたいですねぇ」みたいな。

応用として、世間話の合間の「それは大変ねぇ・・」を方言では、

「でーじやー・・」となります。

先程の「うりひゃあ~!」と組み合わせて、

「うりひゃあ~!でーじなとんっ!(ワオッ!大変なことになったぜ!)」

というセリフも粋ですね。

地元民がよく使う面白い沖縄方言⑫

【 にりた 】

これは、「ガックリきた」とか、「ヤル気なくした」という意味です。

例文として、「えーっ?台風で飛行機飛ばない?!にりた・・」みたいな。

上級者は省略して「にり~」とも使います。

簡単な方言ですが、これを使えば、粋なウチナーンチュ(沖縄県民)の出来上がりです。

さぁ、いかがでしたでしょうか?

一応、単語だけ覚えておいて、発音は現地の人に習いながらグッドコミュニケーションを
取ってみて下さいね。

今回紹介した沖縄方言を自在に使いこなせるようになれば、

ビッグな商談を取り付けたり、はたまた綺麗な女性も口説けるっ!

・・かもよ~

今回も最後まで読んで頂き、大変ありがとうございました。
👇この記事を気に入ってくれた方はクリックお願いします!

沖縄ツアーならエアトリ!

日本の神様の性格が優しいから、日本人も優しい心を持っているんじゃないかという説です。
何気に住んでいる我が国ニッポンは、実は相当スンゴイ国なんです。それを気付かせてくれたエピソードをみなさんとシェアしたい。
あなたはアナログ人間でしょうか?デジタル人間でしょうか?コッテコテのアナログ人間の私が、同類のみなさんへエールを送ります。
文明に浸り過ぎて野生を失った現代人。その先に未来はあるのか?真の進化の為に野生を取り戻すべきである。詳しくは本編で・・・



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする