霊感無い私が霊界のことを考えてみた


毎年お盆の季節が近づく頃、
私を不愉快にさせる現象が、
あちこちで起こり始めます。
それは・・

お盆キッカケに、テレビやラジオで、
怪談ものの番組やコーナーが増えることです。

いっつも思うんですけど、
それってマズくないですか?

この世に未練を残した、
恐ろしい不成仏霊のエンターテイメントが、
怪談であって、

全うに成仏した、
ご先祖様を客人として迎えるのが、
お盆じゃないですか。
この二つを重ねてしまうと、ご先祖様も、

「それじゃあ、あれか?
俺達はお化けか?怖いのか?」
って、なりますよ。
失礼極まりないですよね。

なので、せめて、お盆の前後1ヶ月間は、
怪談ものは自粛するような、
暗黙ルールをつくった方がいいと思うんです。

ん・・?
それでは怪談の旬の時期を逃してしまいますか・・
でもどうして怪談は夏が本番なんでしょう?
寒気で涼しくなれるからでしょうか?
お盆時期で、霊現象が多発するから?

ん~・・
これは民俗学者の方に聞かないと、
わかりませんなぁ。

さて本題です。

一体、霊は存在するのでしょうか?

冒頭でこんだけ言っといて何ですけども・・

もちろん私は肯定派です。
全く霊感は無いですけどね。
にも関わらず霊および神様の存在証明を
ライフワークにしてるのですから、
自分でも良い度胸してると思います。

とはいっても、
私は否定派の人を敵対視はしませんよ。
大槻教授と肯定派がバトルるのを
笑いながら観るような、
そんな穏やかなスタンスです、ハイ。

ところで世の中には、
霊は存在しない前提で霊現象を
科学的に解明しようとする研究者達と、

霊は存在する前提で、
その実態やあの世のしくみを
解明しようとする研究者達がいます。

私個人的には、
後者の方が夢とロマンに溢れていて、
絶対に楽しいと思うんですよ。

前者は「ほら、やっぱり違うでしょ」
というゴールしかないから、
つまらないですよね。

私は昔から霊の存在とか、
生まれ変わりとかに興味があって、
いろんな人の話を聞いてきましたが、
本当に不思議で面白い世界です。

ちなみに、
みなさんの魂は死んでも無くなりません。
あの世に行くだけです。
信じられなくても死んだら分かりますよ。
あの世から先は私もよく知りませんけどね。

余談ですが、

心霊研究家でもあった俳優の丹波哲郎さんは、
自分が死んだ時は、
さぞかし嬉しかったでしょうね。

存在を主張し続けていた霊界に、
自分の足で行けた訳ですからね。
あ、足は無いのか?

この世で死んだ瞬間、
あの世に生まれることになると、
誰かが言ってましたが、
面白い視点ですよね。

この世にも生まれて、あの世にも生まれる・・
この繰り返しを「生き通し」と言うそうです。

よく、あの世を信じない人が、
浮遊霊になりやすいと言いますが、
それは、死んでも「自分」がいるから、
まだ生きてると勘違いするからなんです。
切ないですよね。

だから、
本人に死んだことを分からせる意味でも、
葬式をやる事は重要なんですってよ。

さて・・

死んで肉体を離れた魂が可視化されて、
この世の人が認識したものを
一般的に「霊」と呼びますよね。

それはテレビの電波と一緒で、
その周波数にチャンネルを合わせられる人にしか、
見えない訳です。

たぶん、
霊によって周波数が違うでしょうから、
大勢が同時に見てしまう霊や、
特定の人にしか見えない霊とか、
色々あるんだと思います。

それにしても、
霊が火の玉みたいな形ならまだしも、
リアルに、
生きてた時そのまんまの姿形で現れるのは、
どういう原理なんでしょうか?

森公美子さんの亡くなった友人が、
教えてくれたそうですが、
霊は人の脳に作用して可視化させるみたいです。
色んな条件が揃わないと難しいそうですが。

なるほど・・
車を運転する人の視覚を一瞬遮って、
事故を誘発する怖い霊の話とか、
その人が思ってもない言葉を言わせたりする、
守護霊の話とかも、その類いなのでしょうか?

でも、タクシーに乗る霊は、
意図的に人の脳を操作してないはずなのに、
運転手には見えてしまっている・・

ということは、
意図的だろうがなかろうが、
霊は自ずと人の脳に作用して、
自分の姿を見させているのでしょうか?

そうだとしても、
どうやって、生きてる人間と見間違うほど、
リアルな映像が再現できるのでしょうか?

考えれば考えれるほど不思議が止まりません。
こりゃあ、
科学で証明するにはハードル高いですよ。

ひょっとして、
神様が証明できないように、
仕向けてるのかも知れませんね。

最初に告白した通り、私は霊は見ないですが、
金縛りは数回経験したことがあります。
最初かかった時は、
心の中でガッツポーズしました(身体が動かないので)

人の気配が身体に乗ってきた時の重み・・
身体の内側から引っ張られるように、
動けなくなった感覚・・
聴こえてきたお経の声・・等々、

20年生きてきて初めての体験でしたし、
後で知ったのですが、
その日隣家では葬式やってたんですから。

これら全て込みで、
この金縛りという現象を単に、
幻覚やら生理現象とかで片付けられますか?

私の身近には、更に凄まじい体験をしたり、
目に見えない力を発揮する方々が、
結構いましたので、
「ウソだぁ~」で簡単に流せないんですよ。

私の生活圏でさえそうですから、
この世界中では毎日のように、
科学では解明できないことが、
無数に発生しているはずです。

昨今の超常現象系のテレビ番組は、
作り物の映像が溢れていて呆れますが、
しかし、そういう世界は必ずあると断言します。

人を想う気持ちだったり、
守護霊様や神様の御加護のような、
目には見えないものに、
私達の社会や、一人一人の人生が、
どれだけ影響されてるか計り知れません。

人間、それらを敬う想像力を無くしては、
おしまいだと思いませんか?

なんか、
強引にカッコ良くまとめちゃいましたね。ケヘッ!

とりとめの無い話になりましたが、
今回も最後まで読んで頂き、
大変ありがとうございました。

👇この記事を気に入ってくれた方はクリックお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする