人体の冷凍保存と生まれ変わりは両立するのか!?


私は昔からこの人体の冷凍保存という奇っ怪な行為は一体何なんだろうと、前から不思議に思ってました。

これって、自分が病気で死んだ後、身体を冷凍保存しといて、医学が進んだ未来で治療して生き返ろうってことですよね?

一回死んでるんですよね?

ということは、魂は身体から抜けたわけですから、肉体が再生しても再び魂が宿るのでしょうか?

万が一宿ったとしても、本人の魂じゃないかも知れませんよね。

私は魂の存在とか生まれ変わりを信じてるので、そう考えてしまうんです。

おそらく実際に冷凍保存をしてる人は、記憶や感情の全てを司るのは脳であって、それさえ再生できれば、心も蘇ると考えてるのでしょう。

アメリカには人体の冷凍保存を管理してる財団があるみたいですが、どんな運営をしてるのか興味はあります。

本人との契約内容とか、保証人は誰なんだろうとか、色々聞いてみたいですね。秘密でしょうけど。

しかし、余計なお世話かも知れませんが、死んだら潔くあの世に行った方が良くないですか?

どうせまた生まれ変わるんですから。

その時は、今よりもっと男前で生まれるかも知れませんよ。

な~んてこと言ってますが、みなさんはどうですか?

生まれ変わりとか魂の存在って信じますか?

よく、退行催眠で前世の状況を語らせて、追っかけ調査したら本当だったとか、本人が話せるはずない言語で語ったというような事例もあります。

これってヤラセだろ。って、簡単に片付けられますか?

さらに、盲目の人が幽体離脱して、ある場所の様子を見て語り、確認したら本当にそうだった、という事例もあるそうです。

こういうのは説明がつかないですよね。

ただ私は、これらを信じない人達と論争したい訳ではなく、そんなものも含めて、科学で解明できないものは私達の身の回りに溢れてますよ、と言いたいのです。

それ前提で研究してきた先人のおかげで、文明は発展してきたわけですからね。

ちなみに、武田鉄矢さんがラジオで言ってましたが、

病院で使う麻酔も、科学的になぜ効くのか解ってないらしいですよ。

ただ、今までの経験上で、みんな使ってるだけなんですって。

他にも、何故か分からないけど、自然の摂理でそうなっていて、我々はその恩恵を受けてる、
って事は結構あるでしょうね。

話を戻しまして・・

私が生まれ変わりを信じる最大の理由をお教えしましょう。それは・・・

自分にとって都合が良いから。

だって、死んで全てが無になったら、つまらないでしょ?

現世で良いことをしたら来世で良いことが起きたり、悪いことをしたら悪いことが起こるとか、現世の経験が来世に活かされた方が良いですよね。

その方が自分は頑張れるし、逆にそうじゃないと、この世の中、不公平過ぎません?

生まれてすぐ死ぬ人もいるんですよ。

たとえ一瞬でも、生きたことに意味がないと可哀想です。

この世で経験したことを魂の故郷へ持ち帰り、更に大いなる魂へと近づいてゆくことが我々に課せられたミッションなのですよ。

どうです?ワクワクしませんか?

カッコ良く締めたところで今回は終わります。

最後まで読んで頂き、大変ありがとうございました。

👇この記事を気に入ってくれた方はクリックお願いします!

私が48年生きてきて体験した不思議な心霊話を紹介します。決して一人では見ないで下さい・・・
ミステリーはあなたの身近に潜んでいる。武田鉄矢さんの「今朝の三枚おろし」で提起された一言です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする