【動画付】走高跳の世界記録&各歴代記録まとめ

Embed from Getty Images

男子

■ 世界歴代TOP20

1位 2m45 ハビエル・ソトマヨル(キューバ)1993年

2位 2m43 ムタズ・エサ・バルシム(カタール)2014年

3位 2m42 パトリック・ショーベリ(スウェーデン)1987年

3位 2m42 ボーダン・ボンダレンコ(ウクライナ)2014年(2:30~)

5位 2m41 イゴール・パクリン(旧ソ連)1985年

5位 2m41 イワン・ウーホフ(ロシア)2014年(7:00~)

7位 2m40 ルドルフ・ポバルニツィン(旧ソ連)1985年

7位 2m40 ソリン・マテイ(ルーマニア)1990年

7位 2m40 チャールズ・オースチン(アメリカ)1991年

7位 2m40 ヴィアチェスラフ・ヴォロニン(ロシア)2000年

7位 2m40 デレク・ドルイン(カナダ)2014年

7位 2m40 アンドリー・プロツェンコ(ウクライナ)2014年(5:40~)

7位 2m40 ダニイル・ルイセンコ(ロシア)2018年

14位 2m39 朱建華(しゅ けんか)(中国)1984年

14位 2m39 ホリス・コンウェイ(アメリカ)1989年

14位 2m39 ジャンマルコ・タンベリ(イタリア)2016年(5:26~)

17位 2m38 ゲンナジー・アブディエンコ(旧ソ連)1987年

17位 2m38 セルゲイ・マルチェンコ(旧ソ連)1988年

17位 2m38 ドラグティン・トピッチ(ユーゴスラビア)1993年

17位 2m38 トロイ・ケンプ(バハマ)1995年

17位 2m38 アルツール・パルティカ(ポーランド)1996年

17位 2m38 ジャック・フライターク(南アフリカ)2005年

17位 2m38 アンドリー・ソコロフスキー(ウクライナ)2005年

17位 2m38 アンドレイ・シルノフ(ロシア)2008年

17位 2m38 張国偉(中国)2015年 




■ 室内世界歴代TOP20

1位 2m43 ハビエル・ソトマヨル(キューバ)1989年

2位 2m42 カール・トレーンハルト(旧西ドイツ)1988年

2位 2m42 イワン・ウーホフ(ロシア)2014年

4位 2m41 パトリック・ショーベリ(スウェーデン)1987年

4位 2m41 ムタズ・エサ・バルシム(カタール)2015年

6位 2m40 ホリス・コンウェイ(アメリカ)1991年

6位 2m40 ステファン・ホルム(スウェーデン)2005年

6位 2m40 アレクセイ・ドミトリク(ロシア)2014年(0:51~)

9位 2m39 ディートマー・メーゲンブルク(旧西ドイツ)1985年

9位 2m39 ラルフ・ソン(ドイツ)1991年

11位 2m38 イゴール・パクリン(旧ソ連)1987年(0:48~)

11位 2m38 ゲンナジー・アブディエンコ(旧ソ連)1987年(1:00~)

11位 2m38 スティーブ・スミス(イギリス)1994年

11位 2m38 ヴォルフ・ヘンドリック・バイヤー(ドイツ)1994年

11位 2m38 ソリン・マテイ(ルーマニア)1995年

11位 2m38 マット・ヘミングウェイ(アメリカ)2000年

11位 2m38 ヤロスラフ・リバコフ(ロシア)2005年

11位 2m38 リヌス・トロンブラッド(スウェーデン)2007年

11位 2m38 ジャンマルコ・タンベリ(イタリア)2016年(0:28~)

20位 2m37 アルツール・パルティカ(ポーランド)1991年(2:00~)

20位 2m37 ダルトン・グラント(イギリス)1994年

20位 2m37 チャールズ・オースチン(アメリカ)1996年

20位 2m37 ヴィアチェスラフ・ヴォロニン(ロシア)2000年

20位 2m37 ヤロスラフ・ババ(チェコ共和国)2005年

20位 2m37 アンドレイ・シルノフ(ロシア)2008年

20位 2m37 ダニイル・ルイセンコ(ロシア)2018年 

■ エリア記録ランキング

1位 北中米カリブ 2m45 ハビエル・ソトマヨル(キューバ)1993年

2位 アジア   2m43 ムタズ・エサ・バルシム(カタール)2014年

3位 ヨーロッパ 2m42 パトリック・ショーベリ(スウェーデン)1987年
          2m42 ボーダン・ボンダレンコ(ウクライナ)2014年(2:30~)

4位 アフリカ  2m38 ジャック・フライターク(南アフリカ)2005年

5位 オセアニア   2m36 ティム・フォーサイス(オーストラリア)1997年
                          2m36 ブランドン・スターク(オーストラリア)2018年

6位 南アメリカ 2m33 ジルマール・マヨ(コロンビア)1994年

■ ナショナル記録TOP20

1位 キューバ      2m45 ハビエル・ソトマヨル(1993年)

2位 カタール      2m43 ムタズ・エサ・バルシム(2014年)

3位 スウェーデン        2m42 パトリック・ショーベリ(1987年)

3位 ウクライナ           2m42 ボーダン・ボンダレンコ(2014年)(2:30~)

5位 旧ソ連          2m41 イゴール・パクリン(1985年)

5位 ロシア          2m41 イワン・ウーホフ(2014年)(7:00~)

7位 ルーマニア    2m40 ソリン・マテイ(1990年)

7位 アメリカ       2m40 チャールズ・オースチン(1991年)

7位 カナダ          2m40 デレク・ドルイン(2014年)

10位 中国             2m39 朱建華(しゅ けんか)(1984年)

10位 イタリア       2m39 ジャンマルコ・タンベリ(2016年)(5:26~)

12位 ユーゴスラビア      2m38 ドラグティン・トピッチ(1993年)

12位 バハマ          2m38 トロイ・ケンプ(1995年)

12位 ポーランド    2m38 アルツール・パルティカ(1996年)

12位 南アフリカ    2m38 ジャック・フライターク(2005年)

16位 旧西ドイツ    2m37 カール・トレーンハルト(1984年)

16位 イギリス       2m37 スティーブ・スミス(1992年)(6:00~)

18位 旧東ドイツ    2m36 ゲルト・ベッシク(1980年)(4:58~)

18位 ベルギー       2m36 エディ・アニス(1985年)

18位 旧チェコスロバキア   2m36 ジャン・ズヴァラ(1987年)

18位 バミューダ    2m36 クラレンス・サンダース(1990年)

18位 ブルガリア      2m36 ゲオルギ・ダコフ(1990年)

18位 ギリシャ       2m36 ラブロス・パパコスタス(1992年)

18位 オーストラリア        2m36 ティム・フォーサイス(1997年)
                            2m36 ブランドン・スターク(2018年)

18位 ノルウェー    2m36 ステイナル・ホエン(1997年)

18位 イスラエル    2m36 コンスタンティン・マトゥセビッチ(2000年)(0:40~)

18位 ドイツ          2m36 マルティン・ブス(2001年)

18位 チェコ共和国      2m36 ヤロスラフ・ババ(2005年)

18位 シリア          2m36 マジュド・エジン・ガザル(2016年)

18位 ベラルーシ    2m36 ドミトリイ・ナボコフ(2018年)

走幅跳の世界歴代記録の動画を集めました。存分にご堪能下さい。

■ U20世界歴代TOP20

1位 2m37 ドラグティン・トピッチ(ユーゴスラビア)1990年

1位 2m37 スティーブ・スミス(イギリス)1992年 (6:00~)

3位 2m36 ハビエル・ソトマヨル(キューバ)1986年 (5:23~)

4位 2m35 ディートマー・メーゲンブルク(旧西ドイツ)1980年

5位 2m34 ヴォロディミル・ヤシェンコ(旧ソ連)1978年 (0:17~)

5位 2m34 ティム・フォーサイス(オーストラリア)1992年 (3:00~)

7位 2m33 朱建華(しゅ けんか)(中国)1982年 (2:24~)

7位 2m33 パトリック・ショーベリ(スウェーデン)1983年 (1:39~)

7位 2m33 マクシム・ネダセカウ(ベラルーシ)2017年 (1:17~)

10位 2m32 黄海強(中国)2006年 (0:08~)

11位 2m31 アレクセイ・デニソフ(旧ソ連)1986年

11位 2m31 ロクスリー・トムソン(オーストラリア)1992年

11位 2m31 ジャック・フライターク(南アフリカ)2001年

11位 2m31 アンドラ・マンソン(アメリカ)2002年 (4:48~)

11位 2m31 ムタズ・エサ・バルシム(カタール)2010年

16位 2m30 ドセル・エドワーズ(アメリカ)1985年

16位 2m30 ジャガン・ハムズ(オーストラリア)1994年

16位 2m30 ステファン・ヴァシラチェ(ルーマニア)1997年

16位 2m30 ヤロスラフ・ババ(チェコ共和国)2003年

16位 2m30 ミハウ・ビエニエク(ポーランド)2003年

16位 2m30 リヌス・トロンブラッド(スウェーデン)2003年

16位 2m30 イワン・ウーホフ(ロシア)2005年

16位 2m30 ニキ・パリ(イスラエル)2006年

16位 2m30 ニキータ・アニッシュチェンコフ(ロシア)2011年

16位 2m30 ダニイル・ルイセンコ(ロシア)2016年

16位 2m30 トム・ゲイル(イギリス)2017年

三段跳の世界歴代記録の動画を集めました。存分にご堪能下さい。

女子

■ 世界歴代TOP20

1位 2m09 ステフカ・コスタディノヴァ(ブルガリア)1987年

2位 2m08 ブランカ・ブラシッチ(クロアチア)2009年

3位 2m07 リュドミラ・アンドノワ(ブルガリア)1984年

3位 2m07 アンナ・チチェロワ(ロシア)2011年

5位 2m06 カイサ・ベリークヴィスト(スウェーデン)2003年 (3:30~)

5位 2m06 ヘストリー・クルーテ(南アフリカ)2003年 (11:47~)

5位 2m06 エレーナ・スレサレンコ(ロシア)2004年 (1:08~)

5位 2m06 アリアネ・フリードリヒ(ドイツ)2009年

5位 2m06 マリア・ラシツケネ(ロシア)2017年

10位 2m05 タマラ・ブイコワ(旧ソ連)1984年

10位 2m05 ハイケ・ヘンケル(ドイツ)1991年 (16:39~)

10位 2m05 インガ・ババコワ(ウクライナ)1995年

10位 2m05 ティア・エルボー(ベルギー)2008年

10位 2m05 チャウント・ロー(アメリカ)2010年

15位 2m04 シルヴィア・コスタ(キューバ)1989年 (0:47~)

15位 2m04 ヴェネリナ・ヴェネヴァ・メティーヴァ(ブルガリア)2001年

15位 2m04 イリーナ・ゴルデーワ(ロシア)2012年

15位 2m04 ブリジッタ・バレット(アメリカ)2013年

15位 2m04 ヤロスラワ・マフチク(ウクライナ)2019年 (2:25~)

20位 2m03 ウルリケ・マイフェルト(旧西ドイツ)1983年

20位 2m03 ルイス・リッター(アメリカ)1988年

20位 2m03 タチアナババシキナ(ロシア)1995年

20位 2m03 ニキ・バコイヤーニ(ギリシャ)1996年

20位 2m03 アントニエッタ・ディマルティーノ(イタリア)2007年

20位 2m03 スベトラーナ・シュコリナ(ロシア)2012年 

■ 室内世界歴代TOP20

1位 2m08 カイサ・ベリークヴィスト(スウェーデン)2006年 (1:10~)

2位 2m07 ハイケ・ヘンケル(ドイツ)1992年

3位 2m06 ステフカ・コスタディノヴァ(ブルガリア)1988年

3位 2m06 ブランカ・ブラシッチ(クロアチア)2010年

3位 2m06 アンナ・チチェロワ(ロシア)2012年 (3:08~)

6位 2m05 ティア・エルボー(ベルギー)2007年 (0:36~)

6位 2m05 アリアネ・フリードリヒ(ドイツ)2009年

6位 2m05 マリア・ラシツケネ(ロシア)2020年 (6:31~)

9位 2m04 アリーナ・アスタフェイ(ドイツ)1995年

9位 2m04 エレーナ・スレサレンコ(ロシア)2004年

9位 2m04 アントニエッタ・ディマルティーノ(イタリア)2011年

12位 2m03 タマラ・ブイコワ(旧ソ連)1983年

12位 2m03 モニカ・イアガル(ルーマニア)1999年

12位 2m03 マリーナ・クプツォバ(ロシア)2002年

15位 2m02 スザンヌ・バイヤー(旧東ドイツ)1987年

15位 2m02 ヴェネリナ・ヴェネヴァ・メティーヴァ(ブルガリア)2002年

15位 2m02 エレーナ・エレシナ(ロシア)2003年

15位 2m02 チャウント・ロー(アメリカ)2012年

15位 2m02 カミラ・リチュウィンコ(ポーランド)2015年

15位 2m02 ヤロスラワ・マフチク(ウクライナ)2020年 

オリンピック陸上競技の歴代金メダリストを種目別にまとめました。東京オリンピック前にチェックしておくことをお勧めします。

■ エリア記録ランキング

1位 ヨーロッパ 2m09 ステフカ・コスタディノヴァ(ブルガリア)1987年

2位 アフリカ  2m06 ヘストリー・クルーテ(南アフリカ)2003年 (11:47~)

3位 北中米カリブ 2m05 チャウント・ロー(アメリカ)2010年

4位 アジア   1m99 マリーナ・アイトワ(カザフスタン)2009年

4位 オセアニア 1m99 エレナー・パターソン(オーストラリア)2020年

6位 南アメリカ 1m96 ソランジュ・ウィッテフェーン(アルゼンチン)1997年

■ ナショナル記録TOP20

1位 ブルガリア 2m09 ステフカ・コスタディノヴァ(1987年)

2位 クロアチア 2m08 ブランカ・ブラシッチ(2009年)

3位 ロシア   2m07 アンナ・チチェロワ(2011年)

4位 スウェーデン    2m06 カイサ・ベリークヴィスト(2003年)(3:30~)

4位 南アフリカ  2m06 ヘストリー・クルーテ(2003年)(11:47~)

4位 ドイツ       2m06 アリアネ・フリードリヒ(2009年)

7位 旧ソ連       2m05 タマラ・ブイコワ(1984年)

7位 ウクライナ 2m05 インガ・ババコワ(1995年)

7位 ベルギー    2m05 ティア・エルボー(2008年)

7位 アメリカ    2m05 チャウント・ロー(2010年)

11位 キューバ    2m04 シルヴィア・コスタ(1989年)(0:47~)

12位 旧西ドイツ 2m03 ウルリケ・マイフェルト(1983年)

12位 ギリシャ    2m03 ニキ・バコイヤーニ(1996年)

12位 イタリア    2m03 アントニエッタ・ディマルティーノ(2007年)

15位 ルーマニア 2m02 モニカ・イアガル(1998年)

15位 スペイン    2m02 ルート・ベイティア(2007年)

17位 旧東ドイツ 2m01 ヘイケ・バルック(1989年)

17位 ノルウェー 2m01 ハンネ・ハウグランド(1997年)

19位 ユーゴスラビア  2m00 ビリャナ・ペトロヴィッチ(1990年)

20位 ベラルーシ 2m00 タチアナ・シェイチク(1993年)

20位 スロベニア 2m00 ブリッタ・ビラック(1994年)(0:47~)

20位 チェコ共和国   2m00 ズザナ・フラボショヴァ(2000年)

20位 ハンガリー 2m00 ドーラ・ジョルッフィ(2001年)

世界陸上競技選手権大会の歴代金メダリストを種目別にまとめました。2022年オレゴン大会の前にチェックしておくことをお勧めします。

■ U20世界歴代TOP20

1位 2m04 ヤロスラワ・マフチク(ウクライナ)2019年 (2:25~)

2位 2m01 オルガ・トゥルチャック(旧ソ連)1986年

2位 2m01 ヘイケ・バルック(旧東ドイツ)1989年

4位 2m00 ステフカ・コスタディノヴァ(ブルガリア)1984年

4位 2m00 アリーナ・アスタフェイ(旧西ドイツ)1988年

6位 1m99 バシュティ・カニングハム(アメリカ)2017年

7位 1m98 シルヴィア・コスタ(キューバ)1983年

7位 1m98 エレーナ・エレシナ(旧ソ連)1988年

9位 1m96 チャーメイン・ウェイバーズ(南アフリカ)1981年

9位 1m96 スベトラーナ・レセバ(ブルガリア)1986年

9位 1m96 マリーナ・クプツォバ(ロシア)2000年

9位 1m96 ブランカ・ブラシッチ(クロアチア)2002年

9位 1m96 アイリーン・パルシテ(リトアニア)2011年

9位 1m96 エレナー・パターソン(オーストラリア)2013年

15位 1m95 マリーズ・モーリー(フランス)1983年

15位 1m95 タチアナ・エフィメンコ(キルギスタン)1999年

15位 1m95 マリア・ラシツケネ(ロシア)2011年

15位 1m95 ユリア・レフチェンコ(ウクライナ)2016年

19位 1m94 イェレナ・トプチーナ(旧ソ連)1983

19位 1m94 アムラ・テミム(ユーゴスラビア)1987

19位 1m94 アンナ・ソック(ポーランド)2002

19位 1m94 モーガン・レイク(イギリス)2014

19位 1m94 ミハエラ・ハルバ(チェコ共和国)2017

👇この記事を気に入ってくれた方はクリックお願いします!

〈PR〉学生の味方!コスパ最強の【マイプロテイン】

みんな大好き!ザバスのプロテイン全24種類の中からあなたに一番最適なものをアンケート診断します。
26年間も破られていない走り高跳びの世界記録2m45。その凄さを私なりに解説します。詳しくは本編で・・・
世界と比較した陸上競技日本記録のレベルが一目瞭然。東京オリンピックと世界陸上オレゴン大会の観戦のお供に活用下さい。
陸上競技の世界記録&アジア記録&日本記録&日本学生記録&日本高校記録&日本中学記録を古い順に並べてみました
跳躍選手はバネが命!三段跳の元県高校記録保持者がバネをためる為に実践した大会前1週間の練習メニューを公開します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする