【小島よしお】のネタ「そんなの関係ねぇ!」は自己啓発の名言だ!

「そんなの関係ねぇ!」

最近、この文句が私にとって、とても重要なキーワードになっています。

ご存じのとうり、芸人、小島よしおのギャグです。

おそらく彼は、ドラマとかに出てくる不良少年が言うセリフをモチーフにしたと思うんですが、

それがなぜ私にとって重要なワードになったかをお教えしましょう。

キッカケはある日、私の愛娘(5歳)が「そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!」と連呼したことから始まります。

「まさか!?小島よしおを知ってる訳ないよな?」と思い、

「どこで覚えたの?」と聞くと、「クレヨンしんちゃん!」と答えたので、「あぁ、なるほど」と、胸を撫で下ろしたんです。

本物の小島よしおの面白さをYouTubeで見せてあげたいところでしたが、教育に悪いと思ってやめました。

これをキッカケに昔、小島よしおが「オーラの泉」に出演した時、「そんなの関係ねぇ!」を三輪明宏さんから誉められてたなぁと、思い出したんです。

「これは悪く使えば無責任な言葉だけど、良く使えば自分の信念を貫く言葉にもなる」

みたいなことを三輪明宏さんは言ってました。

リアルタイムで観た時は、さほど気にはしなかったのですが、年を取った今、とても凄い言葉だと気付いたんです。

「そんなの関係ねぇ!」

確かに「他人が迷惑しようが、そんなの関係ねぇ!」とも使えるし、

自分が困難にぶつかった時、「そんなの関係ねぇ!」と、己を鼓舞する言葉にもなる。

ん~・・まさに諸刃の剣。

勿論、私は後者の方で使おうと心に決めました。

確固たる自分の目標に向かって前進し、いかなる困難や誘惑に遭遇しても、「そんなの関係ねぇ!」とクールに自分自身に言い放つことにしたんです。

でもこれは、向かうべき目標とか願望が、自分や家族、世間にとっても、ベストなことでなければならない、というのが前提です。

漫画「スラムダンク」の流川君が、片目を潰されながらも、目をつぶってフリースローを成功させた場面が、まさにそれですね。

みなさんも流川君のそれに、自分を置き換えてみて下さい。

まず、あなたはフリースローラインに立ってますか?

リングの位置を正確に把握できてますか?

普段からシュート練習を十分積んできましたか?

絶対に決められると100%自分を信じてますか?

あなたのシュートの成功はチームの勝利に貢献しますか?




このようなプロセスで、一本一本のシュートを決め続けることが自分の人生に勝利する道だとも思うのです。

バスケのフリースローと違って、現実社会では容赦なく邪魔が入りますから、色々と攻略する知恵が要りますよね。

その一つが「そんなの関係ねぇ!」なんです。

大それたことじゃなくても、日常の細やかなシーンで、この「そんなの関係ねぇ!」は大いに使えます。

例えば車の運転中に強引に割り込まれてイラッとした時、「そんなの関係ねぇ!」と自分に言ってみる。

譲ってあげたと思えばいいんです。

なんとなく気分が乗らない時は「そんなの関係ねぇ!」と自分に言ってみる。

憂鬱な気分を吹き飛ばすような楽しいことをやればいいんです。

人前で失敗して笑われても「そんなの関係ねぇ!」と自分に言ってみる。

笑いを取れたと喜べばいいんです。

自分の意見が言えなくても「そんなの関係ねぇ!」と自分に言ってみる。

勇気をもって自己主張すれば、嫌いな人は去り、好きな人が周りに集まります。

あと、これは難易度高いんですが・・

女房の機嫌が悪い時は「そんなの関係ねぇ!」と自分だけは機嫌を崩さないようにする。

決して相手に向かって言っちゃダメですよ。大変なことになりますからね。

さぁ、あなたも今日から早速試してみませんか?

「自分を止められる奴は誰もいないっ!邪魔が入ろうが、そんなの関係ねぇ!」の精神ですよ。頑張りましょう!

今回も最後まで読んで頂き、大変ありがとうございました。
👇この記事を気に入ってくれた方はクリックお願いします!

M-1 グランプリで過去に採点された全漫才を歴代審査員別にランキング化しました。多少強引ですが、各審査員のお笑い観が垣間見れます。
自分は何をやりたいのだろうか?何になりたいのだろうか?と悩んでいる貴方に、ちょって視点を変えてみませんか?と提言するリッチ・シェフレンの名言を紹介します。
「本当の強さとは?」この永遠のテーマに終止符を打つ、合気道の達人、塩田剛三の名言に学びました。
成功法則で良く言われる「思い込みの力」これを活用しない手はありません。この効力をザックリと紹介します。詳しくは本編で・・・
あなたはアナログ人間でしょうか?デジタル人間でしょうか?コッテコテのアナログ人間の私が、同類のみなさんへエールを送ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする