【斎藤一人さんの人生名言】過去に後悔している人へ

誰だって大なり小なり過去の自分を引きずって生きてますよね。

所詮、過ぎたことなのにも関わらず・・

そこで、今回の斎藤一人さんの目からウロコ~な名言がコレだ、ババンッ!

過去は変えられるけど、未来は変えられない

ビックリしました?

世間でよく言われるのは真逆ですよね。

「過去は変えられないけど未来は変えられる」とか、

「過ぎたことは仕方ないけど、これからの人生はあなたの思い通りになるよ」等々・・

しかし残念ながら、思い通りにはなりません。なぜなら、

辛かった過去を辛いままにしておいたら、再び辛い事は繰り返されるからです。

そうではなくて、

「あの時は辛かったけど、そのおかげで人に優しくなれたんだ」とか、

「あの時は大変だったけど、そのおかげで今の自分があるんだ」という具合に、

過去のマイナスと思っていた事実をプラスにひっくり返すのです。

そうすれば、その人の波動は変わり幸運を引き寄せます。

辛い事さえ幸福に変換できるのですから、この先何が起こっても幸福なんです。

「過去を変えられる人こそ、未来を変えられる」ということなんですね。

あえて逆も言うと、「過去を変えられない人は、未来も変えられない」

つまり「変える」とは、起こった事実を曲げることではなくて、

事実に対する自分の中の「想い」を変えるということです。

一人さんが面白い例え話をしてくれます。

「心というのは映写機のライトと同じで、常に明るく光っている。

人はそれに『想い』というフィルムを当てて、『現実』というスクリーンに写してるんだよ。

フィルムが汚れたり傷ついたりしたら悪い現実がスクリーンに写ってしまうけど、

その時はフィルムを取り替えてしまえばいい。

すぐに美しい現実がスクリーンに映されるから。

よく、『心が傷ついた』とか言うけど、心は光だから傷つきようがない。

『想い』というフィルムが傷ついてるだけなんだよ」

銀座まるかんの商品って効果あるの?どれが一番良いの?実際に購入した1,864人の口コミレビューから効果に関する統計をとってみました。

・・・なるほど。

傷ついているのは心ではなく「想い」であって、それはいつでも取り替えられる・・

なんだか希望が湧いてきませんか?

目の前で起こる現象を見て、どう想うのか?

それが人生の全てを決定するような気がします。

昔のフォークソングに

「変わる・・変わる・・目の前が。変わって、それでおしまいさ。されど私の人生は~」

と唄う曲がありましたが、真理ですなぁ。

人生とは、目の前の景色がただ変わっていくだけ。

しかし、そこには必ず何かがある・・

私達は物質世界に生きてるから、目に見えないものに力はないと思ってしまいがちです。

しかし、「想い」は見えませんが、それこそが人を動かし、社会を動かして文明を築き上げてるんですよね。

よく言われますが、人類が月に行けたのは、月に行きたいと本気で想ったからです。

偶然行けるはずないですからね、宇宙なんて。

もちろん、いきなり行けたわけではなくて、一歩一歩、改良に改良を重ねた結果です。

人間、想い続ければ月にも行けるんですから、あなたの想いを実現させることくらいワケないですよ。

おっと、話が長くなりそうなので、これくらいにしておきましょう。

今回も最後まで読んで頂き、大変ありがとうございました。

👇この記事を気に入ってくれた方はクリックお願いします!

斎藤一人さんが教える目からウロコな名言の数々。あなたの人生にプラスになること間違いなしです!
銀座まるかんの商品って効果あるの?どれが一番良いの?実際に購入した1,864人の口コミレビューから効果に関する統計をとってみました。
いつも身の回りでは困った事ばかり。そんなあなたに目からウロコな斎藤一人さんの名言を紹介します。
人生の成功者とはどんな人でしょうか?お金持ち?社長?いいえ違います。実のところ、誰もが成功者なんです。
不幸を断ち切る方法を斎藤一人さんがズバリ教えてくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする