人生の目的をまとめたら原稿用紙1枚に収まりました

人生は楽しんだ人が勝ち。

肝心なのは、

自分が心から楽しめることをやれるかどうか?

人生とはそれを見つける旅みたいなもの。

早い時期に見つけられたら良いけど、

遅くても構わない。

情熱次第で時間はいくらでも稼げるから。

だから焦らない方が良い。

それを見つけたら、

とことん執着して極めて行く。

極めれば極めるほど、

人も楽しませた方がより楽しいとわかる。

人を楽しませれば楽しませるほど、

お金も手に入って、

自分ももっと楽しくなる。

もし、あなたが、

建前だけの人生の目標を掲げてしまうなら、

「俺はここまでしかできなかった・・・」

と後悔しながらこの世を去るでしょう。

あなたが心から楽しい人生の目標を掲げたなら、

たとえ目標に届かなかったとしても、

満足してこの世を去るでしょう。

目標に向かっている過程がすでに楽しいのですから。

人生の目的はこんなにもシンプルなんだよって、

色々な先人達が教えてくれました。

でも、人は生きる目的を難しく考えたがる。

その方が楽しいのなら、

それはそれで良いのかも知れませんね。

今回も最後まで読んで頂き大変ありがとうございました。

👇この記事を気に入ってくれた方はクリックお願いします!

人類永遠のテーマ「人はなぜ生まれて、なぜ生きるのか?」斎藤一人さんはこの答えをズバリ教えてくれます。
小島よしおのネタ「そんなの関係ねぇ!」のセリフの本当の凄さをあなたはまだ知らない。
「本当の強さとは?」この永遠のテーマに終止符を打つ、合気道の達人、塩田剛三の名言に学びました。
あなたはアナログ人間でしょうか?デジタル人間でしょうか?コッテコテのアナログ人間の私が、同類のみなさんへエールを送ります。
自分は何をやりたいのだろうか?何になりたいのだろうか?と悩んでいる貴方に、ちょって視点を変えてみませんか?と提言するリッチ・シェフレンの名言を紹介します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする