ビートルズのホワイトアルバムが最強すぎる件を独自解説します

先ほど私は食器洗いをしながらビートルズのホワイトアルバムを聴いてましてね、あらためて思ったんですよ。

やっぱり、こいつらが頂点だなと・・

これまで地球上で誕生した、星の数以上あったろうバンドの頂点ということです。

こんな恐ろしいことはないですよね。

今後、ポピュラーミュージックが、ギター、ベース、ドラムといった楽器を主体に創られ続ける限り、それは揺るがないと私は断言します。

なんて思ってしまったほど、このホワイトアルバムは実にエクセレントです。

もちろん、私はビートルズの全アルバムを聴き尽くしてきましたが、

その中でもリピート率がダントツなのが、アビー・ロードとこのホワイトアルバムなんです。

私の捉え方で恐縮なんですが、

ビートルズは「ア・ハード・デイズ・ナイト」で新時代の扉をぶち開け、

「ラバーソウル」で革命を起こし、

「リボルバー」と「サージャント・ペパーズ~」で王朝を築いた後に、

「ザ・ビートルズ」で出家して、ポピュラーミュージックの可能性を広げる旅に出て、

最後「アビー・ロード」で、いぶし銀のバンドナンバーで誰にも到達できない境地に至ります。

わずか10年足らずの期間でこれだけのことをやったのは、本当に奇跡としか言いようがありません。

さてさて、私がホワイトアルバムを買ったのは中学の時、今では貴重なLPレコードでした。

俗称どうりジャケットは全面真っ白で、右端に小さく「The Beatles」のタイトルがエンボス加工されてました。

この見たこともないシンプルさは、先入観抜きで聴かせる為のデザインだと誰かが言ってましたけど、むしろ、

収録曲の半端ないレンジの広さとクォリティの高さでは、もはや、どんなデザインもやりようがない。

というのが本当のところじゃないでしょうか?

「サーフィンからアバンギャルドまで、音楽空間の全てに翼を広げるビートルズ」

ジャケット帯に書かれた、このキャッチコピーの言う通り、同一アーティストのものとは思えないほど、実に様々な顔を持った曲がこのアルバムには詰まってます。

その中から私の大好きな曲を紹介させて下さい。



オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ

真のスタンダードとは、こういう曲のことをいうのでしょうね。

聴く度にワクワクさせてくれるポールの傑作です。

ちなみに、アラベスクの「ビリーズ・バーベキュー」のエンディングは、この曲とウリ二つです。

ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン

ドラッグや性的表現で物議を醸したジョンの協奏曲的ロックの名作。

ポールとはまた違うダークサイドのカッコ良さは、さすがジョンですね。

ブラックバード

一体、全世界でどれだけの人がアコギで練習したか計り知れないポールの名作。

素朴ながらメッセージ性もあって、私は好きです。

ロッキー・ラクーン

私はアルバム中、この曲が一番好きかも知れません。

語りのように入るボーカルとか、無造作に遠くで鳴ってるハープとか、いちいちシブいです。

イントロなんて、ギター一本でAm7コードを繰り返し弾いてるだけなのに、ナゼこんなカッコ良く聴こえるんでしょう?センス半端ねぇな・・

ホワイ・ドント・ウィー・ドゥー・イット・イン・ザ・ロード

ジョンに「ポールの最高傑作の一つ」と言わしめた曲ですが、

歌詞は「誰も見てないから道端でヤっちまおうぜ」しか言ってません。

それでもやっぱりポールはカッコ良いのです。

それにしても、この曲の直後に「アイ・ウィル」に行けるなんて、本当に彼の頭の中はどうなってるんでしょう?

ヤー・ブルース

これまたカッコ良いジョンのナンバー。

朝っぱらから死にたいと唄ってますが、ロックをここまでアートにできるからこそ、ジョンはカリスマなんでしょうね。

彼自身もこの曲をかなり気に入ってたらしいです。

マザー・ネイチャーズ・サン

まさにポールの十八番的な曲。

私がギター弾き始めの頃、真っ先に練習したものです。

特にエンディングは「う~ん、そう終わるかぁ・・」と唸るほど素晴らしいですね。

エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー

出ました!ジョンの真骨頂ロック。

粗雑で、やかましくて、ハレンチなのに、インテリジェンスをも感じさせるとは、やはりジョンの恐ろしさは底が知れません。

この曲の魅力が彼の人間性そのものの魅力かも知れませんね。

終盤ブレイク時のドラムとベースがめっちゃクールです。

ヘルター・スケルター

説明無用、ポールのハードロックの名曲。

シャロン・テート惨殺事件のチャールズ・マンソン絡みで世界をざわつかせたことでも有名です。

テクニックやサウンド云々では出せない不気味さを感じますよね。特に終盤は・・

エアロスミスやモトリー・クルーらもカバーしてるみたいですが、

ポールの凄さは、クラシック界から絶賛されながら、こういうロックの大家にも支持される所なんですよね。

さぁ、ざっと挙げてみましたが、他にも秀作は沢山あります。

しかし、私の好みでない曲も同じくらいあります。

だって、「レボリューション9」とかさぁ、ついていけないでしょう?・・

いや、つまらない訳ではない!私に理解する力がないだけです、ハイ。

実際この年になって良さが解ってきた曲もあります。

「セクシー・セディ」とかそうです。「ドント・パス・ミー・バイ」は未だに解りませんが。

まぁ、好みは人それぞれですからね。

さて、私なりのホワイトアルバム考を長々と語りましたが、

ビートルズは知ってるけど、このアルバムはまだ聴いたことないという方は、絶対に購入することをお勧めします。

作品を楽しむのは勿論ですが、歴史上最も成功したバンドの代表作を家宝として持っていて損はしません。

LP盤を床の間に飾るのも粋じゃないでしょうか?

ショップで購入する際は、「ザ・ビートルズのザ・ビートルズ下さい」と言っても店員さんが困惑するかも知れないので、

「ビートルズのホワイトアルバム下さい」と言って下さいね。

店員が余計困惑した場合は、二度とそのショップには行かない方がいいでしょう。

以上です!今回も最後まで読んで頂き、大変有難うございました。
👇この記事を気に入ってくれた方はクリックお願いします!

ザ・ビートルズは曲はもちろん、存在全てがカッコいい。歴史上最強なバンドの凄さを私なりに語らせて頂きたい。
ビートルズのジョンとポール、ダウンタウンの浜田と松本。畑は違えど、このコンビを比べて見えてくるものがありませんか?
ポール・マッカートニーのアルバムを聴けば、彼の神的な偉大さを知ることになるでしょう。フッフッフッフッフ・・・
マイケル・ジャクソンはなぜあんなに腰をキレキレに振るのか?その隠された真相を明かします。
空耳アワーで知ったガンズ・アンド・ローゼスの神アルバム【アペタイト・フォー・ディストラクション】の凄さに迫りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする